副業をサラリーマンが禁止をされている3つの理由

最近は世の中もサラリーマンであっても副業をしていこうという考えにどんどんとなっていますが、実際に副業ができる企業はまだまだ少なく実際には「副業禁止」と打ち出している企業がほとんどです。

 

もちろん私の会社の副業は禁止となっていますが、私ががっつりと副業しながらも会社にバレない方法を実践しています。

 

私も副業で収入を得るようになってから感じたことなのですが、会社はなぜ副業を禁止するのでしょうか?

 

この3つの理由について書いていきたいと思います。

<スポンサードリンク>


1、本業に支障がでる

この理由は一番多いですね。

 

本業をしながら副業をすることにより疲れも出ますし、本業に支障がでるということになりますね、

 

法律で何度か争ったことがありますが、争点としては「副業をすることにより本業に影響がでるか?」ということになります。

 

そのため、本業に支障がでない範囲での副業をしていくことを求められますね。

 

特にネットを使った副業の場合は夜中でも時間に関係なく作業ができてしまうため本業中に居眠りをしてしまう、遅刻が多いなどの場合は注意もしくは解雇をされる可能性もあります。

2、本業と副業が競合しないようにするため

本業が建設業で、副業の建設業というように同じ業務をこなす場合には危険性が非常に高いものとなりますね。

 

これは本業のシークレットな情報を開示していないか?また、個人情報は守られているかなどに注意を向ける必要がありそうです。

 

本業をして副業も同じ業界に重なりそうならば、「本業の顧客と接しないようにする」「副業には本業のことはかくしておく」など本業に迷惑をかけない配慮が必要ですし、そうやって副業をしておくほうが無難でしょう。

3、副業の内容に問題が生じる場合がある

もし、真面目に毎日一生懸命働いていた社員がネットワークビジネスやマルチ商材、夜のお仕事をしているなど会社の価値を大きく下げる可能性がある場合には副業を禁止にする場合があります。

 

社会的に見た場合に本業に支障が出るとみられる可能性もありますので副業自体が禁止をされています。

 

このように本業の会社が副業を禁じる理由はほかにもあるのですが、本業に支障が出るという理由が一番大きいでしょう。

 

時には優秀な社員が副業が成功することにより、独立をしてしまい会社を去ることもあるかもしれません。

 

会社としては副業のデメリットしか見ていないためどうしても禁止の方向へ動いてしまうと思いますので次は副業を認めるメリットについて書いていきたいと思います。

 

こちらに副業を始める前にもらえるお金の情報がありますので、参考にしてください。

申請すればもらえるお得なお金の情報

 

スポンサードリンク

4 Responses to “副業をサラリーマンが禁止をされている3つの理由”

  1. こんにちは。私の友達も本業以外に副業を考えているのですが、会社が認めていないということです。
    最近では大企業が副業を認め始めているのですが、なにせ2次産業の上場企業です。
    そしてエンジニアという肩書を持っているため 会社を辞めての次の仕事となるようです。
    そのためか 友達の会社で多いのは投資系です。株にFX・バイナリーなどです。
    男社会の構造はそう簡単には変えられないんですね。

    • しのしのさん
      コメントありがとうございます。
      たしかにFXやバイナリー、せどり、デイトレなどは多いですが
      どれもリスクが高いですね。

      社会がもっと現代にマッチすればと思っているのですが・・。

  2. こんばんは!
    就労先の企業にとって、社員の「副業」が本業にどの程度影響するのかが一番気になるところでよね。
    本業に支障が出ては、企業も困るわけですから。
    もう少し、就労時間が短ければ良いのですが。
    いつも情報ありがとうございます。

  3. お早うございます。
    会社が副業を認めないのはどうしてだろうと疑問に感じていましたが金田さんのブログを読ませて頂いてなるほどと思いました。
    特に本業と同じ業種の副業は本業と副業が競合するとどう考えても状況的にまずいですね。今まで気づいているようで全然気づいていませんでした。
    貴重な情報提供ありがとうございます。

コメントを残す